占星術と曼荼羅と宇宙

【占星術とマンダラと宇宙】

わたしがホロスコープを感受するようになったのは、2005年です。

毎朝、瞑想と呼吸法、身体操作が融合した

ボディワークのバルーンメソッドを行うことが

わたしの日課でした。(バルーンメソッドについてはこちら

 

いつも通り、庭に出てバルーンメソッドをして

体の中にイメージで作ったバルーンを膨らませたり、

縮ませたりしながら呼吸を整えていると

身体の中にあったバルーンが空中へ・・・飛び出しました。

飛び出したバルーンは、空中でむぎゅむぎゅ動いています。

直感的にこれは、曼荼羅じゃないだろうかと思い、

曼荼羅について調べたところ、

まさに曼荼羅の始まりの様子そのものでした。

 

その日を境に空中のバルーンは、毎日出現するようになりました。

毎日観察を続けているうちに大きなバルーンの中に

小さなバルーンがいくつも入っていることがわかり、

やがて大きなバルーンが天空に12個円を描くように並び、

さらに魔法陣のようなものが見え始め、

そのときこれはホロスコープじゃないかと直感し、

惑星の動きや月の動き、世の中のニュースなどとあわせて観察するように

なったのがビジョンクリエイション占星術の生まれたきっかけです。

 

さらに、その天空のバルーンが動くと

自分の身体の中のバルーンも動くことがわかりました。

 

このことから、わたしはこの出来事を通じ、

人間は宇宙の働きの中で生きていることを実感しました。

天空のバルーンが動くと身体のバルーンが動き、

そのとき悲しく感じたり、不安に感じたり、

ワクワクしたりと「感情」が動くことがわかり、

こころというものは、自分だけのものではなく、

こころでさえもこの宇宙の働きの中にあると確信しました。

 

それを表しているのがホロスコープだということです。

そして、物心ついた頃から自分を知りたくて

心理学を学んできましたが

心理学ではなぜ自分がこうなのか

最後まで知ることができませんでした。

 

ところが、マンダラ(ホロスコープ)を感受するようになり

自分が宇宙の大きないのちのひとつだということ

そのことを知ったとき 、すべてがひとつになりました。

 

それから3000人以上のホロスコープと人生を通じて

心理学の要素を取り入れながら

このビジョンクリエイション占星術を創り上げてきました。

 

占星術は難しいと言われます。

いえ、そんなことはありません。

 

わたしたちは宇宙だから。

ビジョンクリエイション占星術がわかりやすいと言われる理由は

知識先行ではなく、体験先行の捉え方があるからだと思います。

 

占星術から人生を読むのではなく

人生から占星術を理解していけば

占星術は難しくありません。

 

占星術は、人の数だけ理解があります。

これを、知識で理解しようとすると大変難しいですし、

考え方が当たる当たらないになり、本質からそれていきます。

 

人の数だけ宇宙はあります。

 

人の数だけ星座の理解があるのですね。

そのことさえ理解しておけば、ホロスコープが

こころの働きであることはすぐにわかります。

 

みなさんが、自分や身近な人のホロスコープを

地図を見るように見ることが出来たら、

もっと生きやすく、進みやすくなることを確信し

セミナーを作りました。

 

ワークをしていくと自然と占星術が

理解できるようになっているように作ってあります。

 

心理ワーク+占星術ホロスコープを見ながら

ルミナオリジナルマンダラシートで自分だけのマンダラを作成。

 

視覚的に自分の魅力や魂の方向を知ることができる

今までにない占星術ワークであり、

家に持ち帰ってからもずっと使える自分を知るワークです。

 

ぜひ、あなたのホロスコープを活かして

あなたの今この瞬間の人生マンダラを作り

輝く自分、人生、仕事をクリエイトしてください。